「ここまで来たぞ」

2021年11月20日21日、それは東京のど真ん中、原宿駅を出てすぐにある国立代々木競技場第一体育館で行われたコンサート

 

HiHi Jets 五騎当千

 

HiHi Jetsにとって初めてのアリーナクラス単独コンサート

私はまだHiHi Jetsを応援して日が浅いけれど、初日公演で瑞稀くんが叫んだ「ここまで来たぞ」という言葉を聞いてすでに泣きそうになった。

ジャニーズにとって、ジャニーズJr.にとってコンサートの会場が大きくなることは、とても意味があるものだ。

この瞬間に立ち会えてよかった。

感じたことを忘れたくないから、自分のための備忘録としてブログを書こうと思う。

ありがたいことに円盤化が決定しているので、発売されたら改めて描き直すかも。

 

 

 

  1. HiHi Jets

    HiHi Jetsのコンサートのオープニング曲といえば、代表曲のこれ。サマパラ2021では終盤に持って来ていたけど、アリーナ初単独はこれでくるでしょ!と思っていたらしっかり。

    幕が開いてたくさんのフレジュが踊る中優斗くんの「どーもーー!!!!!」というクソデカボイスがどこからともなく聞こえる。イントロの「ダンダンダン」に合わせて特効の中ジャンプアップで登場。初回はメンステよりだったのでめちゃくちゃびっくりして叫んでしまった。響く特効の音に「ああ、アリーナだ」なんて感動して。

    アリーナの縦花をローラーで駆け抜ける姿に、泣きそうになって。この辺りで「新しい衣装じゃない?」と気づく。

     

    (2/2) Enjoy a special multilingual message from the guys themselves! #HiHiJets pic.twitter.com/yTN9haqkxD

     

  2. Attack it!!/嵐

    この曲もやるとは思っていたけど、実際にイントロ聞こえてくるとテンションあがる。歌詞割は去年のIslandFESと同じ。この曲はローラーでアリーナ駆け回るのが似合う。

    にのあい掛け合いのところはさくみじゅが上手下手にそれぞれあるお立ち台にたって掛け合いするんだけどちょ〜よかったし、信頼と安心の「笑顔に紛れた大怪獣」でした。

    私は嵐のオタクでもあるので、嵐の曲は無条件でテンション上がります。

    あと合間に謎のはしみずセンステぐるぐるタイムあったよね?なんだったんだ?

  3. Eyes of the future

    終盤とかアンコール曲のイメージだったからびっくりした。この斬新な使い方、好きです。サビの目を指差す振りが客席で結構してる人がいてうれしそうな顔の5人が印象的でした。ダンスバージョンの振りを外周で踊るフレジュも良かった。

    猪狩くんラップでメンステでトレインするんだけど、21昼で作間くんが優斗くんのマントヒラヒラして遊んでて、かわいーって思ってたら21夜は瑞稀くんが涼くんのジャケットに潜り込もうとしていて?!!になった。はしみずこわい。

  4. Clap-A-Holics/玉森裕太

    一気に暗転して、イントロ聞こえた瞬間に会場が沸いたのを感じた。私も沸いた。なんかどうしても踊りたくなっちゃうから、振りに合わせてペンライトぶん回してた。私が連れて行った他G担の友達へ、驚かせてごめんね。

  5. FIRE!!/北山宏光藤ヶ谷太輔

    クラホリアウトロから間髪入れずに流れるイントロ「まじかー!最高!」って思った。テンション爆上がり。これも踊ってた。クラホリもFIREも生で観れて幸せでした。

    「俺の流儀」は会場内のペンラの揃い具合が気持ち良かった。

    終わった後はフレジュが出て来て、HiHi Jetsはお着替えタイム。この感じ、有観客バックありって感じで懐かしかったし、大人になったなあとも思った。

  6. Fence:猪狩ソロ

    イントロ聞こえて来た瞬間会場中から悲鳴聞こえて来た。そしてカチカチペンライトの色を変える音が。

    2年前のEXの何倍も広い会場で、一面の緑の中パフォーマンスする19歳の猪狩蒼弥。自分の目に焼き付けられて良かったと心から思った。

    HiHi Jetsを好きになるまで、一面緑のペンライトの光から受ける印象は暖かい優しいものだけだった。でも全然違う。挑戦的な、刺激的な光だった。

  7. DON'T WANNA DIE/北山宏光:作間ソロ

    友達の作間担がこの曲をやってほしいと以前載せていたのを見ていたから、初日はびっくりして隣の作間担を見てしまった。

    作間くんて、本当にダンスが綺麗だなと思った。滑らかで、軽くて無駄のない洗練された動き。大野智のダンスが好きな私に刺さると改めて思った。優しくて爽やかで、それでいて甘い歌声ととても合っているなと思ったよ。

  8. Fake/菊池風磨:橋本ソロ

    イントロと照明と後ろ姿だけで、「橋本涼さん、勝ちました!」と思ったよね。あの動くステージをベッドにするなんて橋本涼さんくらい。仲良しフォロワーは言った、橋本涼は脱がせるか布を与えておけばいい。

    指輪にキスするシーンは会場が一気に静かになって全人類が聞き耳を立てていたと思う。

    歌声もめちゃくちゃ上手くなってるから、ずっと歌声が頭から離れませんでした。

  9. 虹/二宮和也:瑞稀ソロ

    初回は、イントロ聞こえた瞬間から鳥肌と涙が止まらなくて、「まってまってまって」って言いながら必死にペンライトの色を赤に変えて、それからは固まって友達に支えてもらっていた。

    真っ赤になる代々木の体育館。虹のラスサビはアカペラ。全公演、緊張したように、でも透き通る綺麗な歌声で歌い上げる姿。これだけたくさんの人が瑞稀くんの歌声に聞き惚れているんだ、これだけたくさんの人に愛されているんだ、そう思うと余計に涙が止まらなかった。瑞稀くんには真っ赤な会場がどう映ったかな。もっともっと大きな赤色の景色を一緒にみたいな。

    一緒に入った櫻井担の友人が、虹のアカペラ部分の静寂が、5×20の翔くんのピアノ演奏の時くらいだったよって言われて、これ以上ない賛辞の言葉でまた泣きそうになったのは別の話し。

  10. 終電を超えて〜Christmas Night/A.B.C-Z:優斗ソロ

    真っ白のペンライトが雪景色みたいで綺麗だった!ちっちゃい子達とわちゃわちゃしながら歌う優斗くんは宛ら先生みたいだったし、それに隠れてリア恋ソングでした。

    途中で少年たちメンカラ衣装に着替えた4人が入ってくるんだけど、ちらほら自担カラーにペンライト変える人がいて、でもそれすら雪の中のイルミネーションみたいで綺麗だったな…

    後私は何度も言ってるように、19サマステでサマハニとかスキすぎてをちゃんと踊っていた瑞稀くんが好きなので、この曲でもそういう瑞稀くんを見れて良かった…

  11. Lucky Man/嵐

    サマパラ曲!衣装もあって一気にやんちゃな印象に。衣装が違うだけで印象も変わって見える。

    おたくみんな大好き、「No.1 hero of new salvation!」のところは同じように1にした手を突き上げながら、花道をずんずん進んでいく。夏から3ヶ月しか経ってないのに、さらに大人になった5人がいた。

  12. ウィークエンダー/Hey!Say!JUMP

    18クリエでやった曲。当時はファンじゃなかったから聞いた話でしかないけど。ここ最近の、「どこから見つけて来たの?」という曲ばっかりカバーをする流れからこういう王道の盛り上がり曲が来ると、逆に新鮮で楽しいということがわかった。

    山田くんパートを楽しそうに歌う瑞稀くん、良かったね。幸せだね。「スウィートアンサー」は初日はとびきりキュートに、2日目は本家リスペクトのウィスパー(ゼロボイス)で二度美味しかったです。ありがとうございました。衣装の統一感のないわちゃわちゃした感じもあって、すごくポップで楽しかったです。教わったわけじゃないのに、初日から揃っているペンライトの動きも楽しかったです!

  13. T.W.L/関ジャニ∞

    続いても盛り上がりソング。年長組、年少組に分かれてカメラに向かってわちゃわちゃ。可愛かったな〜。この雰囲気もHiHi Jetsの武器の一つだと思う。

    「調子どうよ」「どうもこうもないよ」のはしみずがなんかわかんないけど刺さった。ローラーから靴への履き替えタイムも見せてくれるし、他の人がもたついてても、「次、俺のソロだから!」って見向きもしないで、メンステに滑っていく瑞稀くん、好きな瑞稀くんでした。「応援マイクロフォンから」の美声も、ヘッドセットマイク指差すところも大好きだったし、4人で瑞稀くんにちょっかいかけて「邪魔だよ!」ってキレる流れを意識的に入れて来たの頭いいなと思った。

  14. Make You Wonder

    バクステの布が外されて、落書きされた治安の悪いバンクエリアが出現。ちなみにこの布が外されたタイミング、わかりませんでした。視線が別のところに行ってる間に多分外したんだよね〜そういうの好きです。少年たち衣装、王子様風の人もいるのに、5人揃うと治安悪くてサイコーってなった。HiHi Jetsにおいて「治安悪い」は褒め言葉だよね😁

    メンカラのポールをぐるぐる回ったり、平らな地面がないんじゃないかと思うような空間でバンク滑りまくるの、ほとんど不安なしに見てられて、本当にこの人たちはローラースケートがうまいなと思った。

    みんな言ってるけど、坂に足投げ出して踊る優斗くんはテディベアでした。

  15. MC

    初回は壹岐碧(あおり)くんと手を繋いでる瑞稀くん、「誘拐したの?」って聞かれて「してねーわ!」だったし、あおりくんが頑張って自己紹介してるときに優斗くんが邪魔して「今あおりくんが喋っとんじゃ!」なご立腹瑞稀くん(かわいい)、ちびたちに回したマイクが帰ってこなくて地声で「お゛いっ!」な瑞稀くん、声が通るのが楽しくて地声で「アリーナ〜」な瑞稀くん(かわいい)たくさん発表あって嬉しかったね。

  16. だぁ〜くねすどらごん

    メンカラのベストとズボンに身を包んだフレジュ立ちをしたがえて、幟をもって、さながら戦ですね。五騎当千だもんね。そうそうに自分のパートが終わった瑞稀くん、小1の廣末裕理くんのダンスを見ながら、幼稚園の先生見たいな教えるような踊り方してたり、フリーのところではゆうりくんが盛り上がるようにめちゃくちゃ一緒に踊ったりしてて楽しそうだったな〜。そんな瑞稀くんの姿を見るのに必死で、ほかのメンバーの挨拶ほとんど覚えていません!21昼はゆうりくん羽交い締めして、ゆうりくんが歌ってる風にしてたのが可愛くて可愛くて…

  17. beast 

    beastとかの瑞稀くんのダンス大好きだから生で見られて良かった…

    イントロかっこいいね…瑞稀くんはこういう重たい曲と重たいダンスが似合うよ。

    MCでそれぞれジャケットを脱いで瑞稀くんはタンクトップになってたから「二の腕が!」って叫んだ記憶ある。

    「鎖じゃ繋げない衝動」の通り、モニターに鎖が映し出されてた。こういう単純なモニター映像も好きです。

  18. baby gone

    baby goneのインストが流れてる中着替えタイム。夏の黄色衣装でスライドアップで登場。ここからは電飾ローラータイム。

    一番、振りが少し変わってていつもみたいにペンラ動かそうとしてたから!?ってなった。5色のキラキラが5人の動きに合わせて動くの綺麗だったな。猪狩くんのラップパートが動くステージだったんだけど、ローラーで一歩間違えれば滑り落ちるし、ヒヤヒヤだったけどめちゃくちゃ好きなシーンです。

    瑞稀くんの「say you want me now」のところも振り付け?が違くて、優斗くんに背中からもたれかかるみたいな感じにするんだけど、優斗くんが瑞稀くんを支えようとして構えてるところが見れました。

    落ちサビでローラーゆらゆら滑りながらゆっくりセンステに滑ってくるのも好きだった…

  19. Fight Back

    センステ上部にあったシャンデリアみたいな機構が降りて来て、ぐるぐる回し出した。思ったより大きかったね。

    勢いつけて回してその下をくぐったり、飛び越えたり。逆上がりし出した時は会場中ざわついたよね…

    瑞稀くんの逆上がりの仕方、腕の筋肉と腹筋で体を持ち上げるみたいな仕方でした。好き(なんでも好き)

    タイミングとかどうやって揃えてるんだろう、って思ってたけど、それぞれ番号が振ってあって、それ見てたね。必死に番号目で追う瑞稀くん、可愛かった。一歩間違うと怪我するだろうに…4公演無事に終わって良かった。

  20. V6コーナー

    ・Can do! Can go!

    1公演目の優斗くんの挨拶がすごく素敵だったな。

    高橋優斗(22)は「V6さんの26年という、今の僕たちでは想像できない大きな背中を追いかけたい」と語り

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6118486f4935f4ca37cf7ce3fbd1100713bd952c

    ・愛なんだ

    「ペンライト振って!振って!そう、これがみんなからの愛なんだ!」って曲振りする瑞稀くん、愛伝わったかな…

    私は嵐のオタクなので、ついついバックのふりを踊ってしまいそうになる。

    MUSIC FOR THE PEOPLE

    HEY!HEY!NEOで踊ったバージョン。これの感想のブレイクダンス?みたいなのがすごい好きで「生だ!」ってテンション上がってた。

    愛なんだから急にイントロカッコよくなって、勢いよく縦花駆け抜けてメンステに行くHiHi Jetsとてもかっこよかったです。

    ・WAになっておどろう

    最初のパート、瑞稀くんの美声が響き渡ってた…

    ちびっこローラー隊と一列になって踊るところ、みんなでローラートレイン作るところ、お兄さんたちだなあなんて思った。ZIPで特集された時に風間くんか「WAになって踊るんじゃなくてWAになって滑ってる」って言ってたのがツボに入りすぎてしまった。

  21. フレジュコーナー

    ・WANNA BEEEE!!!/Kis-My-Ft2

    優斗くん「続いては猪狩蒼弥が振り付けた曲です」っていうからなに?!って思ったらちびっこローラー隊だった。頭いいね。座れない(座る気もないけど)HiHi Jetsのオタク、ノリノリでペンライトぶん回してて楽しかった。ちびっこ達、ローラー上手ね…期待しちゃう。私の好きな子は佐久間玲駈くんと田仲陽成くんです。かわいい。

    玲駈ローラー頑張っててニコニコしちゃったな☺️💖

    ・Happiness/嵐

    21年組が多かったのかな?可愛かった。初日、瑞稀くんと手を繋いでたあおりくんもいたね。

    ・シンデレラガール/King&Prince

    イントロ流れて来て?!って思ったら、センステで大東立樹くんがソロで歌い出してオタクの動揺がすごかったけど、岸くん振りだと分かるや否や踊りだして、なにわ担に「なんでこんなに踊れるの?」って聞かれた。体が覚えてるんだよ。

    4公演しっかり歌いきった大東くんすごいし、しれっとファンサもしてるし、怖いアイドルだ…

    フレジュコーナー、本当に座る人いなくて、みんなペンライトで踊るのが好きだから勢いもそんなに変わらなくて、温かい空間だなと思った。

  22. $10/SMAP

    夏の赤黒衣装に着替えた5人が入場して来た途端一気に大人な雰囲気に。シンデレラガールとの対比で余計に「過半数成人済みの世界…」と思った。

    なんどみても$10のHiHi Jets、最高すぎる。

  23. Be COOL/少年隊

    お金ジャラジャラの後に間髪入れずに聞こえて来たドラムの音と暗くなる照明、モニターにアップされる腰の動き。やばいやつ来ました、と思った。モニターに映し出される部位を指定することで、印象変えられるのいいね。

    ジャズダンスもこんなに綺麗だなんて聞いていません、好きです。

    「DARLIN' じゃれる猫の瞳で おまえが肌にからむ」のところの瑞稀くんの声、今まで聞いたこともないような甘ったるくて掠れてて色気のある声で思い出しただけで涙出そうになる…円盤化したら擦り切れるほどみる。

    サビのところで前の人の肩に手を当てて、カクカク前に進むステップがあって本当に好きだったので、みんな思い出して欲しい。

  24. 情熱ジャンボリー

    ガラッと変わって明るい雰囲気。サマパラでは披露されなかったから、みんな「ペンライト振る!」って勢いすごかった。めちゃくちゃ楽しかったな〜。この曲はみんなでバクステでわちゃわちゃしてた。またいつかちゃんと踊るバージョンもみたいな。

  25. Complete

    2019-2020ジャニアイの曲。メンステにメンカラに光るスタンドマイク。まっすぐな眼差しで「夢をかなえようこの街で」と歌い上げる5人。この歌詞を歌う5人を見て、初単独アリーナが、横アリとかではなく、代々木という東京の真ん中でよかったと思った。どこまでも東京が似合う人たちだから。
    ジャニアイには入っていないので最初はわからなかったけど、真剣な表情の5人と「To make me complete」の歌詞で、これがCompleteだと気付いた瞬間涙が止まらなくなっちゃって。他のメンバーのパートもくちずさむ瑞稀くん。夢、叶えようね。

  26. FRONTLINE

    軍服のような黒い衣装に身を包んだ大きいJr.達が「HiHi Jets」と書かれた旗をなびかせているつなぎ。曲のキメで旗をピンと張った「HiHi Jets」が抜かれるモニターを見て、なぜだかわからないけどHiHi Jetsを好きになってよかったと心から思っていた。

    一瞬の静寂ののち、モニターに大きく映し出される「FRONTLINE」の文字。初回では優斗くんが「New Song、FRONTLINE」って言っていたね。重低音とともにずんずん前に出てくる5人。ファーがついて重たそうな白い新衣装。瑞稀くんはレースの首飾りをしていて、しっぽみたいなファーが可愛かった。

    j-island.net
    ローラー履いていないかのような細かいステップと、ローラーだからこそのずんずん進む感じ、全体的に重たくて後ろ重心なダンス。ダンスだけでこんなにかっこよくて思考停止してしまうのに、おそらく猪狩くんが書いているだろう歌詞。
    「5に拘るのは大前提」「派手に美しく3秒で堕とす」「嵐起こす高速」
    「俺たちこそFRONTLINE」「限界最前線突き進め」
    これが今の5人の決意なんだと思うと涙が止まらなくて。5人ともいい意味で目がイっちゃってて、瑞稀くんなんて最後踊りきった後しばらくしゃがんで肩で息をしていて。こんなに本気の彼らを見てしまったら応援しないわけない、と思った。
    後今回思ったのが、瑞稀くんと猪狩くん、それぞれ高音域の人たちだけど、声質が違うから、猪狩くんは高音ラップで鋭く、瑞稀くんの透き通る声がアクセントになってた。HiHi Jets、声のバランスがとてもいいよね。
    瑞稀くんの「Buddy, go nuts go nuts. Buddy, go nuts」が好きだったな。go nutsは気が狂う、熱狂するなんて意味があるみたい。いつだってHiHi Jetsに熱狂しているよ。

  27. 挨拶〜HiHi Jets to the moon〜

    サマパラと同じような感じでの挨拶。

    涼くん、今だってジャニーズ1、セクシーでエロい男だよ。でもこれからの涼くんも楽しみだね。

    作間くん、二、三年前の作間くんなら言わなかったような強い言葉。どれほどの決意だろう。

    猪狩くん、最速で最高速度で駆けていく5人にしっかりついていくよ。置いてかないっていってくれたから。

    瑞稀くん、私にとってジャニーズの最前線は瑞稀くんだしHiHi Jetsだよ。

    優斗くん、どんな気持ちで2019年の話をしてくれたんだろう。私は直接みていたわけじゃないけど、涙目になる優斗くんをみて、ありがとうって思ったよ。あの時を乗り越えたから私はいま応援できているから。

  28. HiHi Jets

    初回は、サマパラと同じテンションできたから駆けるか?はたまた…って思ってたらHiHi Jetsサイレン音聞こえてびっくりした。同じ曲を2回なのもHiHi Jetsらしくて最高だよ。

    久しぶりの瑞稀くんソロパートあり。初めて生で聴けたんだ。21昼で歌いながら、ひとりひとりメンバーを指さしたあと、宝物のように、心底愛おしそうにぎゅうと抱きしめる仕草をする瑞稀くんをみた時に、瑞稀くんがこんなにも大切にしてい流空間を守りたいと思った。21夜は、瑞稀くんが指さした時にひとりひとり指をさしかえしていて、その瞬間だけはHiHi Jets5人きりの空間だった。
    オーラスで、「realityさえmystery」のところで「代々木ありがとうー!みんな愛してるぞー!」って叫んだ瑞稀くんで、もう涙腺崩壊しました。絶対これを映像化してください。

     

    最後はける時に、4人が坂を登りきったのを見送った後、勢い良く登る瑞稀くんと、そんな瑞稀くんを迎え入れる4人。これが瑞稀くんなりのリーダーとしての在り方なのかなと思ったよ。

    いつもみたいに「ひとつだけ僕と約束してください。また、絶対に会いましょう!」って言ってくれる瑞稀くんのこと、永遠に大好きだ。

  29. ZENSHIN(アンコール)

    ひなりとか玲駈が出て来て「ここどこだろう〜?」なんていいはじめて、今回コントないのかと思ったらちびたちがやるのかと思って笑っちゃった。

    警備員の滝本くんが代々木駅までの道のりを教えるんだけど、ぼんやり聞いてたら「そこを曲がって…前進です!」に合わせて五人が出て来てびっくり。

    今回は2番までしれっとお披露目。外周回るタイムだったので、5人まとまった「だって男の子だも〜ん」が聴けませんでした。バクステのギリギリの端まで行って隅っこの人までお手振りする瑞稀くん、本当に好きだったな( ;  ; )最後のお手振り欲しさにその席入ろうかと一瞬迷ったくらい…

    オーラスは会場が明るくなっても規制退場のお兄さんが出て来ても、規制退場が始まっても鳴り止まない拍手に私が泣きそうだったよ。5人にも聞こえてたかな。

     

     

    初めての単独アリーナ、楽しかったな。

    もちろん、TDCに比べたら広いしちっちゃいんだけど、もっともっと大きな会場が似合うよと思った。

    これからもHiHi Jetsを応援していけますように。